トップ > RDA横浜の紹介

RDA横浜の紹介



RDAとは、Riding for the Disabled Associationのことです。
「障がいをもつ人たちにも健常者と同じように乗馬や馬車操作を楽しむことを提供し健康や暮しの質QOLを図ること」を目的とし、1964年にイギリスで結成された慈善団体で、アン王女が総裁を務めています。イギリス国内だけでなく、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、香港など、世界各国に同じ趣旨の下で活動する組織が多くあります。

原点は「障がいをもつ子にとって、乗馬には他のことでは得られない多くのことがある」と実感した保護者の思いでした。
1995年に根岸のポニーセンターで初めての乗馬会を開催し、1996年に「横浜さわやかポニークラブ」を結成しました。
その後、横浜乗馬倶楽部(現NPO法人横浜市馬術協会)と倶楽部会員の協力、故須藤秀夫氏から同倶楽部へのポニーの寄付、多くのボランティアや乗り手の家族、活動を支援する人たちの協力によって、週一回の乗馬会を開催出来るまでになりました。
そして、活発になった活動がイギリスのRDAに認められ、1997年「RDA横浜」に名称を変更、2000年にはNPO法人となり、現在は地域に根ざした活動を行なっています。

騎乗者の可能性が拡がることを願いながら活動しています。
そのために大切なことは、笑顔で乗馬を楽しむこと。
筋力をつけたりほぐしたり、手綱操作を覚えたり、乗馬やふれあいによって、歩みはゆっくりでも心身ともに一歩一歩成長していきます。
そして、家族もボランティアも、騎乗者と一緒に笑顔で楽しみながら活動に参加しています。

障がい者乗馬のために調教した馬を所有し、専門の知識と技術を有する障がい者乗馬インストラクターが、騎乗者の心身の状態に応じたレッスンプログラムを作成し指導しています。また、運営には多くのボランティアに協力してもらっています。主な仕事は、リーダーやサイドウォーカーなど乗馬に関わることですが、他にも事務的な仕事でも支えてもらっています。

主な事業・活動内容は次のようなものがあります。

定期乗馬会活動(定期レッスン)

毎週火・水・金・土曜日の週4日(7~9回)行っています。
騎乗者の目標に合わせたレッスンプログラムを組んでいます。
毎月のスケジュールはこちらをご覧ください。


引き馬による体験乗馬会

会員以外の障がい児・者も参加できる体験乗馬会(原則無料)を行っています。
大体毎月1回ずつ開催しています。
毎月のスケジュールはこちらをご覧ください。


RDA横浜杯乗馬大会

RDA横浜が主催する乗馬大会です。
日頃の練習の成果を発表する場として毎年開催し、全国各地からも選手が参加します。


RDA講習会

ボランティアを対象にした講習会を実施し、障がい、乗馬やサポート方法についての知識を深め、質の向上に努めています。


実習・見学の受け入れ

大学や専門学校の実習・見学の受け入れをしています。


会報誌発行

月1回、会員に会報誌『クレスト』を発行して情報を提供しています。


その他

他団体主催の競技会への参加、海外のグループとの交流、障がい者乗馬の研究への協力、国内外での外乗、など。